« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

ひまわり園見学

今日は、スマイルのメンバーと豊川市児童デイサービスセンターひまわり園さん(豊川市母子通園施設)に見学に行ってきました。

NPO法人ゆうさんが、市の指定管理者制度に基づいて、ひまわり園の管理運営を受託し障害者自立支援法に基づく、母子通園による児童デイサービスを行っています。

施設の案内をしてくださった、豊田さんから、“親が楽になるための施設です。”と説明を受け、まず療育云々より、お母さんが子供への接し方や関わり方のコツなどを掴んで行く場所という印象を受けました。

Dsc02466_2

朝の会が終わって、2部屋に分かれて活動する。かいぎしつ(あか)・しょくどう(あお)各自行く部屋の色カードを持って、部屋の前の箱にプットイン。

Dsc02467_4 

シール貼りの課題が終わったら、個々に用意されている自立課題→3カゴ終わったらおしまいBOXにかごを入れ→軍手を持って、乾布摩擦のコーナーに。

Dsc02470_3 

                    乾布摩擦の手順↑

お母さんが、軍手をはめて、乾布摩擦する部位をカードを見せて、ゆび→みぎて→ゆび→ひだりてというように、絵と照らし合わせて行います。

何をするのか見通しをつけてあげることで、服を脱いだり、軍手でごしごし擦られる嫌な事も、わかっているから、出来ています。

Dsc02476_3

Dsc02473_2

次は、スクリーンで間仕切りしてあるので、遊びコーナーに行く前に手洗いへと、自然な導線。

手を洗ったら、遊びにGO-!

※課題が、進むごとに、子供たちが余分な刺激を受けることのないように、何をするのかわかりやすく、環境設定が繰り返されていました。まるで、舞台の場面が1幕・1幕変わるように。

※使った、課題は倉庫にしまわれ、見えないように。

※部屋の移動・課題のへの切り替えには、プットインで、次の行動を示し動けるようにと、環境設定が、細かくされており、みごとだなぁと、感心するばかりでした。

Dsc02479_2

別室では、豊田さんによる、母子分離された方の学びタイム。発達障害の理解や悩みなどの質問に答えられていました。

親同士の学びの中で、悩みや・困った場面は、うちだけじゃあないのね。と親育ちの機会にもなっていました。

帰りに、ゆうさんが行っている児童デイサービス“とことこ”さんも、少し見学させていただき、本当に今日は良い学びの1日になりました。

案内をしてくださった、豊田さんはじめ、ひまわり園のスタッフの方々、通園されているお子様・お母様方、どうもありがとうございました。

こんなに素敵な児童デイサービスが、隣の市で行われている事は、地域の宝・資源ですね。

私たちの地域でも、少しずつ充実していく事を願って。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »